【今更だけど!】Google DriveとOfficeを接続すると本当に便利! | logru(ログる)

【今更だけど!】Google DriveとOfficeを接続すると本当に便利!

PC-Admax

広告

どーもー!もりしる(@morishiru)です!

今日は、Office関連ソフトとGoogleドライブの連携について取り上げてみたいと思います!

意外とかんたんにofficeとgoogleドライブが連携できるって知ってましたか?

Office関連を開くときや保存するときに、WordでもExcelでもOneDriveがデフォルト表示されているので、当たり前の行為がさーっとできるのでOneDriveを重宝してました。小さなファイルしかおかないので、無料の範囲内(5GB)でここ1年くらいずっと過ごしていたのですが、最近やたら画像がはりつけてあったり、重たいファイルが増えてきて、警告メールが2週間ごとにくるようになってきて、少しうんざりしてきました。

Officeも5台まで入る、Office365にしてもいいかなと思っていたのですが、ここにきてGoogleドライブとOfficeが接続できることを知ったので、試してみました!

ただし、Googleドライブも15GBまでなので、たぶんあと少しはもってくれると思いますが、Office365のライセンスはOneDriveが1TB(1024GB)もついてくるので、先を見越して導入するのもありだと思っています。

Microsoftも本腰入れてキャンペーンしているので、1年分をまとめて導入すると、月当たり1,274円が1,062円まで導入費用が削減できるので、使ってみる価値ありだと思っています!(多分、最終的には、Office365にしちゃいそうです)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

始まりは警告メール

経験上ですが、Onedriveの容量が80%(4GB)を占有すると、2週間毎に↓のようなメールが届き始めます。

ファイルを削除したりして対応をしますけど、大事だから消せないんですよね・・・

Googleドライブ プラグイン導入

他にないか、とりあえず無料のものでどうにかしたいと考えるのが、最近の癖です。

探してみるとOffice関連ソフトにプラグインで導入するソフトがgoogle謹製ででているようでした。こちらを試してみます。

導入の方法

↓こちらにアクセスして、ダウンロードします。

Access and sync your files anywhere
  • 規約(をよく読んで)同意します。

  • ブラウザはChromeを使っているのですが、自社のファイルだろうとexeファイルの取り扱いには厳しいgoogleさん。迷わず保存します。

  • ダウンロードが始まります。

  • ダウンロードが終わると、以下の画面が表示されます。そのまま開始です。

  • すると、”どのアカウントとリンクさせるんだい?”と聞いてくるので、リンクさせたいアカウントをクリックし、ログイン処理を行います。

ー権限も許可しちゃいましょう!

なんか無機質な英語が出てきましたが、「成功したから、このページを閉じて、さっきgoogleドライブのインストールに戻ってね」と書いてあります。

そして戻ると・・・・

終了ですこの間5分もかかっていないくらいです。

早速、Wordを開いてみます。

おお~、ちゃんと[Google Drive]と表示されます!

  • Wordの「リボン」にもメニューとして表示されています。

  • 今回「logruですよ」というwordファイルを作成し、Upしてみました。最近使ったファイルにもあがってきます。

  • もちろん、Web上のgoogleドライブにも表示されます。

便利なところ、不便なところ

このGoogleドライブ プラグイン 良いところもあれば、そうでないところもあります。モリシル目線ですが、書いていきますね。

便利!―クライアント不要

Google Driveは、PCのフォルダにマウントして、ドライブ(D:とか、F:とか)のように扱うこともでき、もちろんOneDriveも同じことができます。

ただし、クライアントを常駐しないといけないので、多少なりともメモリを割くことが必要です。このご時世あんまり気にしなくてもいいかもしれませんが、少しでも身軽なのは大きいですよね。

便利!-ファイル共有が簡単

Googleドライブに保存した後であれば、Officeのリボンメニューからすぐに共有を行うことができます。重たいファイルや、閲覧だけさせたいファイルには権限を付けて共有ができるので、便利です。

また、Googleドライブに保存されたものは、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどのGoogle( Office)で開くことができるので、端末をラバないところもGoodです。

便利!-ファイルの履歴が追える

これは、今回ここで出すのは反則かもしれませんが、Googleドライブに保存されたドキュメントは、履歴(版)を30日分まで戻すことができます。これって地味に便利ですよね。

不便↓ーoffice側でフォルダが作成できない

ファイルの整理のために、フォルダは欠かせないですが、このプラグインではフォルダを作成する事ができません・・・ファイルをフォルダ分けするには、GoogleドライブのWeb版やクライアントでフォルダを作成して同期させる必要があります。

不便↓―拡張子の変更ができない

これは、不便とまで言うべきか悩みましたが、Office2016でWordを使用した場合の拡張子は、「docx」に必ずなるようです。「doc」形式で保存しようとすると、「入力された拡張子が違います」とエラーになりました。相手先がOffice2010など古いタイプのofficeを使用している際には注意が必要です。

これを回避する方法は、「一旦、ローカルPCに拡張子を変えて保存し、再度Googleドライブに保存」を行うことで回避できます。

まとめ

今日は、Googleドライブとofficeの連携について書いてみました!Googleドライブはあくまで保存する場所で検索や開くときはGoogleを使用してね、ということなのか、最小限度のプラグインです。保存する形式や保存場所が決まっている方にはたぶん心強いプラグインになるかと思います。onedriveとGoogleドライブの両方を使いこなして、快適なノマドライフを送りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする